NEWS

SAPEON社-HodooAI Lab社、世界最大マシンビジョン博覧会「Vision 2022」でAIチップ基盤AIモデル自動生成ソリューション披露

2022-10-05    hit . 60182


「Vision 2022」で、左側:HodooAI Lab社のイ・ジョンウ代表取締役、右側:SAPEON社のジョン・ムギョンCTO

2022.10.05 09:22
グローバルAI半導体企業のSAPEON社と、AI自動学習プラットフォーム専門企業のHodooAI Lab社社は、
ドイツのシュツットガルトで9月4日から6日まで(現地時間)開催された世界最大のマシンビジョン展示会「Vision2022」で、
SAPEON社のAI半導体を基盤にするHodooAI Lab社の人工知能モデル自動生成及び学習ソリューション
「Autotrainer(オートトレーナー)」を披露した。

今回の展示会で披露したHodooAI Lab社のAutotrainerは、既存の人工神経網(ANN)を
SAPEON社のAI半導体「X220」に最適化した新しい人工神経網で、
自動で変換・学習して人工知能の精度は維持しながらも約51%の性能向上が直接確認できた。

SAPEON社のX220は国内最高性能を持つデータセンター向け人工知能半導体で、
最近人工知能半導体のベンチマークである「MLPerf」でNVIDIA社のGPU A2に比べて2.3倍高い性能を達成したことがある。
HodooAI Lab社のAutotrainerは、人工神経網の最適化及び軽量化のための人工知能モデル自動生成及び学習ソフトウェア。

今年8月、両社は共同技術開発のための協約を結んで、SAPEONに特化したAutotrainerを開発し、
今後国産AI半導体の使用のためのソフトウェアエコシステムの基盤として発展することにした。

SAPEON社のCTOのジョン・ムギョン氏は、
「HodooAI Lab社との技術協力を通じて、当社のAI半導体ソフトウェアエコシステムを拡張していく」と述べた。
また、HodooAI Lab社の代表取締役のイ・ジョンウ氏は、
「当社のAI自動学習技術をSAPEONに優先適用して、国内AI半導体産業の発展にも寄与する」と述べた。


※本件についてお問い合わせ事項がございましら、当ホームページの「お申込み/お問い合わせ」又は下記の連絡先へご連絡お願い致します。
部署名:SEOIL E&M 企画マーケティンググループ
TEL :+82)2-6204-2033
E-mail : pl@seoilenm.com
ソース:韓国『人工知能新聞』 https://www.aitimes.kr/news/articleView.html?idxno=26172