NEWS

ハナ損害保険社、人工知能ヒューマンでデジタル保険社に変身!

2022-01-17    hit . 89




2022.01.13 12:02

ハナ損害保険社が韓国保険社初として人工知能ヒューマン技術を導入した。

ハナ損害保険社はこれを通じて社内役員教育、GA設計者向け自社保険商品広報動画制作と公知、
車内行事などにAIヒューマン技術を活用する計画。また、人件費節減と動画撮影、編集時間短縮、広報に役に立てると期待している。

Deepbrain AI社が保有しているAIヒューマンソリューションはリアルタイム双方向コミュニケーションができる
AIヒューマンを作る技術であり、最も人らしいビジュアルを基に直接コミュニケーションできる人工知能ソリューションである。

音声合成、映像合成、自然言語処理(NLP)、音声認識などを融合したコミュニケーション型人工知能技術を用いて具現した技術であり、
実際人と同じレベルの顧客案内サービスとリアルタイムコミュニケーションまで可能なコミュニケーション型AIヒューマン動画も製作可能。

人の手を通じて直接動画を撮る必要もなく、リアルタイム動画合成新技術を通じて
簡単なテキスト入力だけで実際人のような動画を作れるため、コストと時間を共に節約できるという長所がある。

ハナ損害保険社の関係者は、
「AIヒューマンを通じて動画資料を接した従業員たちはとても興味深く新しい経験だったという反応を見せていて、
デジタル保険社として革新的な技術の積極的検討と導入・活用する予定」と述べた。

※本件についてお問い合わせ事項がございましら、当ホームページの「お申込み/お問い合わせ」又は下記の連絡先へご連絡お願い致します。
部署名:SEOIL E&M 企画マーケティンググループ
TEL :+82)2-6204-2033
E-mail : pl@seoilenm.com
ソース:韓国『人工知能新聞』 http://www.aitimes.kr/news/articleView.html?idxno=23967