NEWS

コミュニケーション型人工知能(AI)グローバル市場、7兆8千憶KRWから2026年には22兆KRWに成長する見込み

2021-11-29    hit . 921




2021.11.28 17:43

コミュニケーション型人工知能(AI)コミュニケーションツールから複雑な情報管理システムの自動化に至るまで様々なビジネスの土台を設け、
これを通じて繰り返しの作業を減らして業務の生産性向上、人的エラー除去、市場変化または顧客ニーズにより素早い対応を通じて
顧客経験及び従業員の経験を革新できるように助けている。

特に顧客の購買行動に洞察力を提供してより一層の顧客経験を提供できる。

新型コロナ禍の影響で人工知能コンタクトセンターの顧客サービスに対した需要増加と様々な事業において
AI基盤チャットボット採択などを背景にしていつよりもコミュニケーション型人工知能市場は加速化されている。

グローバル市場調査企業であるResearchAndMarkets社は11月26日に発表した報告書によると、コミュニケーション型人工知能の市場規模は
2021年68億ドルから2026年には184億ドルで予測期間の中、21.8%の年平均成長率(CAGR)で急速的に成長すると見込まれる。

コミュニケーション型人工知能市場はon-premise(オンプレミス)及びクラウドを含む配布モードを基に分けられる。
クラウド部門においては予測期間の中、その割合をもっと占めると見込まれる。
データ保安及び個人情報保護に依存度が高い組織はデータと保安をもっとコントロールできるようにOn-premise配布モードへ移動する。

Web基盤セグメントは予測期間の中、最も大きい市場規模を保有すると推定されている。
コミュニケーション型人工知能は顧客からよく聞かれる質問に答え、問題を解決、
リアルタイムでソリューションを提供するなど、24時間顧客サービスを提供する。

Web基盤セグメントはコミュニケーション型人工知能を通じてブランドがリアルタイムで顧客の意図を分かり、
チャットボットを構築して大規模の遂行と大量配布が手軽でこれより最も高い成長性を見せてくれると思われる。

一方、この市場はKore.ai社を始めてグーグル、マイクロソフト、IBM、Baisu、オラクル、SAP, FIS, Artificial Solutions, Conversica, Inbenta,
Creative Virtual, SoundHound, Avaamo, Haptik, Solvvy, MindMeld, Kasisto, Gupshup, Senseforth.ai, Cognigy Rasa, Pypestream, Rulai,
AmplifyReach, Saarthi.ai, Exceed. aiI, MindsayI, Clincなどが導いている。

※本件についてお問い合わせ事項がございましら、当ホームページの「お申込み/お問い合わせ」又は下記の連絡先へご連絡お願い致します。
部署名:SEOIL E&M 企画マーケティンググループ
TEL :+82)2-6204-2033
E-mail : pl@seoilenm.com
ソース:韓国『人工知能新聞』