NEWS

人工知能とレベル4の自動走行をいっぺんに… NVIDIA社、第8世代ハイペリオンプラットフォームを公開

2021-04-28    hit . 14


NVIDIAが新しい第8世代ドライブハイペリオン(Drive Hyperion)プラットフォームを通じて、自動運転車の発展に寄与する。 このプラットフォームは、2021年中にNVIDIAドライブエコシステムに提供される予定である。


ハイペリオンは人工知能(AI)機能と自動運転に必要な技術を自動車に装着するのに必要な莫大な時間と費用を節減してくれる、完全作動が可能で生産準備が完了された開放型自動運転プラットホームである。

自動車メーカーはNVIDIAドライブ•ハイペリオンを通じて、より知能的なソフトウェア定義の自動車への変化を受け入れることができる。
8世代ハイペリオンプラットフォームは自動運転車開発に必要なセンサー、高性能コンピューティング及びソフトウェアを含み、全て即時検証、補正及び同期化が可能である。

車輪上のデータセンターと呼ばれる自動運転車の開発には全く新しいプロセスが必要である。自動運転のためのリアルタイム処理だけでなく、日常走行の厳しい条件に耐えられるようにハードウェアとソフトウェアを総合的にテストして検証しなければならない。

ハイペリオンは最高水準の性能で自動運転システムを検証するのに必要なすべてのハードウェアとともに提供される。
プラットフォームの中心には、2つのNVIDIAドライブオリン(Drive Orin)システムオンチップ(SoC)とレベル4自動運転及び、インテリジェントコクピット機能のための十分なコンピューティング性能を提供する。

このSoC は安全な自動走行のために、12 個の外部カメラ、3 個の内部カメラ、9 個のレーダー、2個のライダーセンサーから生成されるデータをリアルタイムで処理する。

又、ハイペリオンにはNVIDIAドライブAV及びドライブIXソフトウェアスタックを評価するのに必要なすべてのツールと簡素化された走行データ処理のためのリアルタイム記録及びキャプチャー機能が含まれている。

この全ツールセットは、3Dデータ収集のために正確に同期化及び補正され、開発者が自動運転テストドライブを設定し、実行する上で貴重な時間を削減してくれる。

業界のほとんどがNVIDIAドライブオリンを車内コンピューティングに活用している中で、ドライブハイペリオンは完全な自動運転車の開発•検証のための次のステップである。
ハイペリオンは、中央集中式コンピューティングに加え、全体のセンサー設定を含めることで、移動中の知能型車両のハードウェアを検証するのに必要なすべての機能を提供する。

又、NVIDIAドライブAV やドライブIXソフトウェアスタックとの互換性のあるハイペリオンは、自動運転ソフトウェアを評価•検証するのに重要なプラットフォームでもある。

一方、ハイペリオンは既に重要な自動運転研究開発過程を簡素化している。
バージニア工科大学交通研究所(Virginia Tech Transportation Institute)やスタンフォード大学(Stanford University)のような機関が、自動走行車研究パイロットでハイペリオンを活用している。開発者はまもなく最新の開放型プラットフォームを利用できる。


出典:韓国人工知能新聞 http://www.aitimes.kr/news/articleView.html?idxno=20859 
2021.04.26 11:15