NEWS

EU(ヨーロッパ連合)、人工知能に対する強力な最初の立法初案を発表…2023年制定される。

2021-04-26    hit . 82


ヨーロッパ連合(EU)の執行委員会(Commission of the European Communities)は、人工知能(AI)の「高危険(High-Lisk)」分野への使用を規制し、AI危険を解決してヨーロッパが全世界的に主導的な役割出来るようにAIに対する強力な最初の立法初案を4月21日(現地時間)発表した。



計108ページ分量の立法初案には原則的に公共場所でリアルタイムで人達の顔の撮影を禁止(live facial scanning of people in public places)させる遠隔生体認識(Remote Biometric Identification)の近視と、学校、職業又は融資申請者の選択のようなことに対してAI使用禁止、等が含まれている。

特に、社会的な点数(Social Scoring)と人間の共同を操作するのに使われるシステムの使用禁止、子供と障がい者等の社会的弱者を対象としたAI使用禁止等が含まれている。EUの内外でAIを開発する企業たちはこの政策が採択された場合、提案された規制を守らなかった場合全世界の売上の2千万ユーロ(約270億KRW)の罰金を払うことになるかもしれない。

ECは規制の立法初案に対する4つの具体的な目標を列挙した。
▶EU市場に配置されて使われるAIシステムが安全で、基本権とEU価値にかんする既存の法律を尊重するように保障するため事、
▶AIに対する投資と革新を促進するための法的な確実性の保障、
▶AIシステムに適用される基本権と安全要件に対する既存法律の支配構造と効果的な施行を強化するための事、
▶合法的かつ安全で信頼できるAIの開発を促進するための事、等である。

EU執行委員会委員兼ECデジタル時代総括副社長のMargrethe Vestager氏は声明を通じて“EUはAIを信頼できるようにするために、新しいグローバル規範の開発に前立っている。今回の標準を制定することで、我々は全世界のAI倫理技術のための道を堅固にし、その間のEUの競争力を維持するように出来ます″と述べた。

EUの今回の立法初案は、様々な段階を経て、最終的に2023年に制定される予定である。

一方、EUは去年の2月、EU執行委員会でAI産業の育成戦略を含んだAI白書とデータ共有の中核内容を含めたデータ戦略の初案を発表し、今後の10年間、毎年200億ユーロ(約27兆KRW)以上をAI産業に投資すると発表したことがある。

EUは保険医療・交通・保安・雇用・法律システム等の5個の領域で、人体に為害を与えたり法的紛争の可能性が存在する用途でAI技術を使用するケースを「高危険(High-Lisk)」群として定義し、これを制裁基準として決めた。これによって全ての高危険AI技術はEUの適合性の評価を経て認証を獲得しなければ使用出来ない。

データの収集と活用においても、共用データストレージを構築して、EU企業と個人たちが個人情報を除外した全ての情報にアクセス出来るようにする方針である。EUと同等な水準のデータ法を制定した相互信頼国家とはデータ共有も積極的に奨励する。

報告書はEUの適合性評価認証の義務化は、EU企業と非EU企業の両方に適用されるが、事実上、もう既にAI市場を独占している米国・中国等の少数のグローバルIT企業を牽制するための措置、といって共用データストレージの構築とデータ共有の義務化も、一部企業の独占を防ぐための事、と説明した。

又、AI産業の育成戦略とデータ戦略の発表を通じて、“EUが関連分野の国際標準確立の競争で一歩先に行き始めた″と評価しながら“長期的にはEUのAI企業が米国と中国のIT企業を乗り越える技術力量を確保するのに大きく役立てる″と予想した。

出典:韓国人工知能新聞 http://www.aitimes.kr/news/articleView.html?idxno=20854
2021.04.24 10:16